iPhoneと日本人

日本では、iPhoneが発売される前は、ガラケーの利用者がスマートフォンのそれよりも上回っていました。さすがにポケベルやPHSはかなりの少数派となっており、日本では携帯電話が独自の進化を遂げていて、ガラケーと呼ばれるまでに至りました。

そもそもガラケーとは、ガラパゴス携帯の略称です。このガラパゴス諸島がどのような島なのかというと、周りを海で囲まれた外の世界とは隔離された島で独自に進化を遂げている生物が多いことでも知られている島です。つまり、日本は、世界中でスマートフォンに移行している時代においても、独自の携帯電話文化が確立されており、他の国ではなしえなかった携帯電話の進化を遂げていたのです。他の国の携帯電話と違い、種類も豊富ですし、デザインも素晴らしくなっており、日本の技術力の高さゆえに携帯電話が異常進化を遂げたのだと言われています。

このガラケーの台頭により、あえて使いにくかったiPhone以前のスマートフォンをわざわざ苦労して使用するようなことをせずとも、十分に満足度の高い携帯電話ライフを過ごすことができたのです。しかし、このガラケーの台頭によって、世界の中でもスマートフォンの開発が遅れてしまい、現在では、他の国がAndroidスマートフォンの開発が盛んになっていますが、国内メーカーは、iPhoneにかなわない状況になってしまっています。世界中を見渡したとしても、スマートフォンのシェアが、iPhoneとAndroidを比較した時に、iPhoneに偏っている国も珍しいような状況になっているのです。


★ 当サイト関連リンクの紹介 ★
iPhoneはデザインはもちろんのこと、バッテリー持ちなどの機能面でも高い人気を誇っています。iPhoneのバッテリーは消耗品なので使い続けると持ちが悪くなってしまいますが、新しいものに交換が可能です。iPhoneを長く使っている方はぜひ参考にしてください ⇒ iPhoneのバッテリー